現在のアノマリー

今月のアノマリー

7月4日のインディペンデントデー(米独立記念日)から、欧米、特に米国で夏季休暇入りとなります。

しかし、この時期はまだ為替取引も活発で、夏枯れ相場と言うほどには至りません。

ただし、インディペンデントデーを過ぎたあたりからは、休暇入りを意識してポジション解消の動きが進むために、それまでのトレンドが短期的に反転したり、上昇や下降が緩やかになる傾向があります。

現在時刻のアノマリー

ロンドン勢が本格参入してききて、ここから4時間前後、東京マーケットでできたポジションを崩そうとしつこく攻めてきます。

また、「通貨オプション」の満期日(権利行使日)には締め切り時間があり、それをカットオフタイムと呼びます。

東京では15時が多く使われるため、この時間帯ではポジションの調整などから、ある特定の通貨が一方向に動くことがしばしば見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました