現在のアノマリー


Warning: Use of undefined constant m - assumed 'm' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/diylife/trading-toolbox.net/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(446) : eval()'d code on line 4

Warning: Use of undefined constant G - assumed 'G' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/diylife/trading-toolbox.net/public_html/wp-content/plugins/code-snippets/php/snippet-ops.php(446) : eval()'d code on line 4

今月のアノマリー

9月の第1月曜日に米国の祝日レイバーデー(労働者の日)があります。

それが明けると欧米勢にとって実質的な下期が始まり、夏季休暇で鋭気を養った投資家が積極的にポジションメイクしてきます。

対する日本勢は、中間決算の時期となるため新たなポジションメイクをしづらく、むしろポジションの解消を進めます。

これによって邦銀トレーダーの動きが鈍るため、総じて「欧米勢の独壇場」となりやすい時期です。

9月のうちにさまざまな投資家が様々な仕掛けをし、そのうちに特定の通貨ペアに資金が集まるようになって、3~4ヶ月かけて一定の方向へ大きく中期トレンドを作る場合が多いです。

このトレンドは、11月から12月中旬ごろまで続きます。

9月の時点で話題の中心となっている通貨ペアや、市場で何かしらのテーマがはやし立てられているような通貨ペアが、その年の主要テーマ通貨になる可能性が高い、と考えればいいでしょう。

この傾向を意識しておくと、その後、数ヶ月間のトレードを有利に展開できます。

ただし、必ずしも9月に相場のトレンドが形成されるわけではなく、年によってはもみ合いを続け、10月までトレンド形成が持ち越されることもあります。

現在時刻のアノマリー

23時(冬時間は24時)はニューヨーク市場のオプション・カットオフタイムとなることから、特に注目されます。
カットオフタイムとは、「通貨オプション」の権利行使の最終的な締め切り時間のことです。

さらに、24時(冬時間は25時)はロンドン市場の仲値を決めるフィクシング・タイム(「ロンドン・フィックス」と呼ばれる)のため、この時間の前後から動き始めるところも見受けられます。

東京市場の仲値発表と同様に、ロンドン市場の様々な金融商品の基準価格が決まります。
この仲値に向けた値動きやポジション調整の動きが出ます。

世界金融の中心地ロンドンなだけに、大型オプションやM&A絡みの値決め、投資信託のフローなど、ありとあらゆる思惑と実需玉が飛び交います。

超大口取引では、このフィックス時間を待たずに少しずつ出してくることもあります。

ロンドン・フィックスの時間は、為替市場の1日の中でも重要な時間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました