現在のアノマリー

今月のアノマリー

11月は第4木曜日の感謝祭が節目となり、クリスマスまではレンジ相場となる傾向があります。

9月初めから始まる欧米勢の下期のトレーディングは、11月の後半に入るとしだいに勢いを失い、12月初旬にかけて手仕舞いに入る傾向があります。

なぜなら一般的に欧米のヘッジファンドの本決算は11月末金融機関の本決算は12月のクリスマス前に設定されているからです。

さらに11月の第四木曜日は米国のサンクスギビングデー(感謝祭)であり、
これを過ぎると冬の休暇シーズンに入り、新規のポジションメイクは少なくなり、既存ポジションの解消が進みます。

その後、クリスマスが終わるまでは方向感を失いレンジ相場となる傾向にあります。
これは毎年定期的にある値動きです。

感謝祭とは
感謝祭(英語ではThanksgiving Day)は、アメリカでは11月の第4木曜日に行われる祝日のひとつです。
Thanksgivingと略されたり、七面鳥の日(Turkey Day)と呼んだりもします。

現在時刻のアノマリー

18時台(冬時間では19時台)英国や欧州の重要指標の発表が、21時30分(夏時間では22時30分)米国重要経済指標が発表されることが多く、市場ではその前にポジションの手仕舞いや仕込みの動きが見られます。

指標発表と同時に動くことが多く、最も動きやすい時間帯です。

特に毎月第一金曜日に発表される米国雇用統計の日は大きく動きます。

発表された数字が予想を大きく外した場合は、それまでの流れを無視して一方的に動くことがあります。

まずマーケットで何が原因で動いているのか情報を確かめることが大切です。
ここでファンダメンタルの判断力が収益を左右します。

とはいえ中途半端な相場観で太刀打ちしても爆死することがあるので、流れに乗ることが肝心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました