中国初の新型コロナパニック相場、今後どうなる?

3月末から4月頭のコロナパニック相場、皆さん生き延びましたか?

私はトラリピ系で長期投資していたトルコリラ円と、豪ドル円が暴落して結構な傷を負いました。

世界中の国が入国制限(禁止)措置を取り、グルーバルな人や物資の往来がどんづまりになっています。

市中では、外出禁止令(勧告)が出された影響で飲食店や観光業だ大打撃を受けていますね。

失業者も今後激増するんじゃないかと心配されます。

今後どうなるか?予想してみました。

結論としては、アメリカでは4月中に入国禁止措置が緩和され景気回復への1歩が踏み出されるだろう。と考えます。

アメリカの感染者、死者数の激増はNYに集中している

以下はアメリカの現在のコロナウイルスの感染者、死者数のリストが掲載されているページです。

United States Coronavirus: 6,460,421 Cases and 193,253 Deaths - Worldometer
United States Coronavirus update with statistics and graphs: total and new cases, deaths per day, mortality and recovery rates, current active cases, recoveries...

感染者、死者数ともに東海岸のニューヨーク州とその近くのニュージャージー州に集中しています。

これは3月20日にアメリカで渡航禁止令が発令される直前にイタリアから多くの人が駆け込み入国してきた影響でしょう。

アメリカ国務省「海外旅行せぬよう」勧告 最高レベル4に(日本からは渡航できる?)(安部かすみ) - Yahoo!ニュース
アメリカは「春」の初日を迎え、一部では早めの春休みも。しかし国務省は、海外渡航をせぬように促す警告を最高レベルの4に引き上げた。国外からアメリカに戻って来れず、多くの市民が路頭に迷っている。

NYはイタリア移民が280万人と多く、イタリアから持ち込まれたウイルスが広まったためであると考えられます。

現在4月5日で、新型コロナウイルスの潜伏期間が5日~12日なので、今が感染者激増のピークを少し過ぎたあたりではないかと予測されます。

他の多くの州では感染者は少なく、パンデミック状態なのはNYだけと言えます。

ピークを過ぎ、医療体制も日ごとに整備されつつあり感染激増は沈静化すると予想します。

トランプが受けた簡易検査キット。これで入国検査もスムーズ化

ここ連日、日本時間の朝方にトランプ大統領が医療の専門家とともに会見を開いており、YoutubeのFOXチャンネルなどでライブ配信していますが、

4月2日のトランプの会見では、トランプ大統領が新しい簡易検査キットを受けたと発表しました。

A simple coronavirus home-testing kit could soon be available to order on Amazon in the UK
The finger-prick testing kit for the coronavirus could be available from chemists and online retailers like Amazon.

このキットは1分間で検体の採取が済み、15分間で結果が出るというモノ。

この検査キットの生産が進めば、現在海外からの入国者に義務付けられている2週間の隔離期間が短縮されるかもしれません。

日本でも簡易検査キットの開発は進められており、簡易検査キットの普及は大きな影響を与えそうです。

ただし日本では厚労省の審査が厳しいようで…

加藤大臣に頑張ってもらいたいですがなんとも頼りないですよね。

1500円の”新型コロナ簡易検査キット”を世に送り出せないワケ:ガイアの夜明...|テレ東プラス
現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。3月10日(火)の放送では、未だ終息の見通しが立たない新型コロナウイ…

出入国がスムーズになり、人の往来が戻れば、同時に物資の輸出入も回復し、経済は復旧していくと考えられます。



トランプ大統領「アメリアは閉じていてはいられない開かれなければならない。個人の死よりも社会の死の方が深刻だ」

4月6日のトランプ大統領の会見では、「アメリカは海外に閉じたままで成り立つ国ではない、開かれていなければならない。ウイルスの蔓延を完璧に防ぐことは不可能で個人の死は今後も増えるだろうが、(閉じたままでいて)社会が死んだらより深刻だ」とトランプ大統領は発言しました。

つまり、トランプ大統領はというかアメリカは完ぺきなウイルスの鎮静化よりも経済の復旧を優先したということになります。

結論

NYでのパンデミック状態が収まり、簡易検査キットの生産が進めばアメリカは渡航禁止措置を緩和し、経済も緩やかに復帰していくというのが私の予測です。

どうなるでしょうか?

未来予測入門 元防衛省情報分析官が編み出した技法 (講談社現代新書)

未来予測入門 元防衛省情報分析官が編み出した技法 (講談社現代新書)

上田篤盛
935円(09/12 23:48時点)
発売日: 2019/10/16
Amazonの情報を掲載しています
感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)

感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)

石 弘之
1,177円(09/12 23:48時点)
発売日: 2018/01/25
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました