【無料MT4用インジケーター】「TickChartMaker」ティックチャートを作成する

本日は指定したティックごとにバーを生成するティックチャートを描画するMT4用のインジケーターTick Chart Maker」を紹介します。

ティックチャートとは、時間ではなくティックの回数でバーを生成するチャートです。

売買のタイミングを計りやすく、特にスキャルピングに向いている非時系列のチャートです。

ティックチャートを生成するインジケーター()のダウンロードリンクもありますので、興味のある方はダウンロードして使用してください。

※2018.12.11:ティックチャートにEAを適用できるようにインジケーターを改修しました。
ただし、OnCalculate()ではティックの変化を認識できません。OnTimer()を使って秒単位でEAのロジックを実行させてください。

TickChartMakerの特徴

  • パラメーターで設定したティック数ごとにバーを生成するオフラインチャートを表示できます。
  • MT4を起動している間のみティックチャートが生成されます。
  • 指定できるティック数は1回から9999回まで。

無料ダウンロードはこちらから

元はForex Factoryのフォーラムから拾ってきたものです。最新バージョンはForex Factoryをご確認ください。

インストール方法

  • 上記のリンクをクリックしてファイルをダウンロードしてください(ファイル名:TickChartMaker.zip)。
  • ダウンロードしたzipファイルを解凍します。中に2つのファイルが入っています(TickChartMaker v1.1.ex4TickChartMaker v1.1.mq4)。
  • MT4のデータフォルダを開きます:[ファイル]⇒[データフォルダを開く]⇒MQL4、Indicatorsの順にフォルダを開く。
  • Indicatorsフォルダの中に解凍した2つのファイルを入れます。
  • MT4を再起動します。
  • インストールが成功すれば、ナビケ―ターにインジケ―ター名が表示されるはずです。
    TickChartMakerナビゲーターの表示内容
  • チャートに適用すれば表示されます。

TickChartMakerのパラメーター設定値

TicksPerBarティックバー1本分のティック数を入力します。
TimeFrameティックチャートのタイムフレーム(※)を指定します。
※便宜的に他のタイムフレームと識別するためのタイムフレーム数値となります。
既存のタイムフレーム(1、5、15、30、60など)以外の数値を入力してください。

TickChartMakerのパラメーター設定値



ティックチャートの作成方法

  • ティックチャートを作成したい通貨ペアのチャートにTickChartMakerを適用します。
    ※時間足は何でもかまいません。
    パラメーター設定画面を開いたら、まず「全般」タブを開き「DLLの使用を許可する」にチェックを入れてください。
    次に「パラメーターの入力」タブを開き、TicksPerBarにバー1本分のティック数を指定し、OKボタンをクリックします。
  • ファイル」メニューの「オフラインチャート」を開くと、ティックチャートが生成されています。
  • ティックチャート名は「[通貨ペア名]_[任意のティック数],M1」のようになっています。
    これを選択し「開く」ボタンをクリックすれば、ティックチャートを開くことができます。

ティックチャートを使った手法を解説している本

FXスキャルピング

FXスキャルピング

FXスキャルピング

Amazonの情報を掲載しています
70ティックチャートを使った手法について解説しています。

終りに

以上、ティックチャートを作成するMT4インジケーターの紹介でした。

他の非時系列チャート

レンジバーチャート」をこちらの記事で紹介しています。

【レンジバーチャートとは?】MT4でレンジバーチャートを表示する方法
レンジバーチャートを知っていますか?この記事ではレンジバーの詳細と、MT4でレンジバーを表示するためのセットアップ方法を説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました